栄養満点の餃子!

焼いても、煮ても、揚げても美味しい餃子は、調理においてもまさに万能食品。
そんな横浜餃子のおしいい調理方法を「焼き餃子」と、「水餃子」を紹介。

1.
熱したフライパンに餃子を凍ったまま並べ、フライパンの3分の2の高さまで水を入れ、フタをして強火で3~4分蒸してください。

Point!
必ずフライパンを熱してから餃子を並べてください。お水は多めのほうが餃子の皮のモチモチ感が増します。
 

2.
約4分蒸して、餃子が軟らかくなってきたら一度火を止めて、フライパンに残ったお湯を捨ててください。

Point!
蒸し終わったら、しっかり湯切りしてください。横浜餃子は蒸発を待たないのもポイントです。
 

3.
餃子の上から油をかけて再びフタをして強火で2~3分焼き、小麦色の焦げ目がついたら完成です。

Point!
焼くのは油を入れてから。一度フライパンにくっつきますが、焦らずしっかり焦げ目がつくまで焼いてください。
 

4.
フライ返しを使用し、餃子をフライパンから剥がしながらお皿に盛り付けてください。

Point!
餃子の焦げ目が付いた面を上に盛り付けると食欲UP!