栄養満点の餃子!

焼いても、煮ても、揚げても美味しい餃子は、調理においてもまさに万能食品。
そんな横浜餃子のおしいい調理方法を「焼き餃子」と、「水餃子」を紹介。

1.
鍋に水を入れ、沸騰した後、餃子を入れてください。

Point!
水の量は多めが◎。少ないと、鍋の底にくっついてしまうことがあります。状況に応じ、かき混ぜなら茹でてください。
 

2.
乳白透明になった頃(約4~5分)が茹であがりです。鍋から出し、ポン酢または醤油をかけてお召し上がり下さい。

Point!
ぷるんっという皮の弾力が感じられればおしいい頃合いです。
水餃子は秒食という名に恥じない簡単料理です。
 

3.
餃子鍋にする場合は、先に他の具材を調理後、最後に餃子を入れてください。

Point!
はじめから餃子を入れてしまうと、型崩れがおきますので、餃子は最後に入れてください。